ブログトップ

歌え!万博~ガンバ大阪2万人応援運動~

utaebanpak.exblog.jp

バナーキャンペーン実施中!

「07年度 第1回 歌え万博ミーティング」ご報告


昨日スポーツバー エスタディオにて開かれたミーティングについてご報告いたします。

参加者13名

<テーマ>

①歌え万博実行委員会について
②今季の目標
③活動の注意点

①歌え万博は基本的に運動名称であって、グループ名ではありません。
リーダーがいるわけではなく、スタジアム全体でチャント(応援歌)を歌って、ガンバをサポートしようという有志が集う、ということ以外は決まりごともありませんでした。

ですが、ガンバに関わる多くの方達と連携を取るための窓口役は必要である、との観点から、実行委員会を設立しました。
簡単にいうと、歌え万博2万人応援運動を進めていくうえで必要な雑務をこなす事務局というものです。
代表 兄、副代表 淀川コナモンの二人が会員です。
クラブやサポ団体、ガンバ゙系ブロガー、地元後援会などとスタジアムの観客ひとりひとりとをつなぐパイプ役として、利用して頂ければと思います。

歌え万博参加者の中で、われこそは!と思われる方の委員会入りは大歓迎です。
興味のある方はSM・SB席の歌万エリアでお尋ね下さい。

②歌え!エリア拡大とビッグフラッグの掲揚
現在SB席Lゲート上、SM席Aゲート周辺がいわゆる歌万エリアですが、ここから少しずつ広げて行き、昨季の二倍ぐらいの規模にしたいと考えてます。
また、今季はここぞ!という勝負どころの試合で、クラブが保管しているビッグフラッグを掲揚したいと考えています。
これはタテヨコ数十メートルあり、掲揚には多くのサポーターの協力が必要です。
ビジュアル的にスタジアムを盛上げるためにも、サポーターの力を結集させて、選手を鼓舞するためにも、ぜひ行いたいと思っておりますが、いきなりできるものではありませんので、登録サポーター団体の方達や各方面に勉強させて頂いてから実現させたいと考えております。

③歌え!万博・・・といわれても歌いたくない人がいるのも事実です。
スタジアムを盛上げよう!といっても公共の場では自ずとできる範囲は決まってきます。

※応援のスタイルは基本的に自由であるが、常識の範囲を超えないことを厳守する。
※応援の強要、過度の扇動の禁止
※他の観戦者やサポーターグループと協調し相互に協力しあうことにより全体の応援活動を円滑に進めて行くよう努める
※チャント斉唱時は万博統一を絶対原則として、分裂応援にならないように注意する

という歌え万博ルールを作りました。

ミーティングはこの辺で終了。
その後の懇親会ではみんな堰きを切ったかのようにガンバネタ炸裂。
二次会のカラオケ大会でもやはりガンバネタ炸裂。

ガンバ始動に遅れること5日。
今季の歌え万博も超攻撃的に行きたいと思っております。
[PR]
by utae-banpaku | 2007-02-06 00:51 | お知らせ